自然治癒力を最大限にあげる当協会のテクニック

内蔵テクニック

内臓の位置を正常にすることによって健康になる。

人間の身体の流れをつくる鍵は水です。
健康や美容、アンチエイジングといえば、「水」が鍵になります。
例えば、みずみずしい肌という言葉がありますよね。
果物を例にあげても、新しいものほど、水分が多く、時間が経つにつれて、水分が失われていきます。
人間の場合も、赤ちゃんの水分の含有率は90パーセントと言われ、成長するに従い、減っていき、大人は60パーセントから70パーセントと言われ、老化するほど、その含有率は減っていきます。
また、健康面を考えてもそうです。
例えば、発熱や下痢などで、体内の水分が数パーセントでも失われただけでも
体調に異変が現れますし、水分補給で回復します。
このように、アンチエイジングや健康、美容を考えたら、我々の体の細胞に水はとても大切です。
とはいっても、水をたくさん飲めばいい単純な話ではありません。
体の水分代謝が低いまま、水分を飲めば、体にはかえってマイナスになります。
いかに、不要な水を排出し、水をきれいに保つことができるかが重要です。
それには、内臓機能の正常化が不可欠なのです。

もし仮に、腎臓の働きが低下し、不要な老廃物や毒素を尿として、捨てられないと、体内の水分が汚れていきます。
我々人間の体は、外から生命に必要な物質を取り入れ、不要となったものをまた外に排出することで、生命を維持しています。


 

肺呼吸もそうですね。酸素を取り入れ、二酸化炭素を排出する。
食事もそうです。食べ物を消化して、必要な栄養を取り出し、吸収し、不要となったものを尿や便として排出する。
また、体の中で、必要な代謝が行われた結果の代謝産物などのいらないものを外へ捨てることも大事です。

このように、様々な内臓が正常に働くことで、「水」を良い状態で保つことができるといえます。

回復力の鍵も、やはり内臓!

また、健康やアンチエイジングのために、回復力という面から見ても内臓の働きは重要です。
人間も、夜寝ている間に、しっかり充電ができれば、昼間、活動することができます。
しかし、もし仮に、夜の充電がうまくいかないと、昼間の活動に影響が出てしまいます。
我々、人間の体はいつ回復するかと言われれば、基本的には夜の睡眠時です。
夜寝ている間に、内臓器がフル活動して、回復していきます。
例えば、食べたものを消化吸収して、そこから体に必要なものを作り出したり
消化吸収や代謝の結果でてきた不要な代謝産物を排出するため、尿や汗、便と
作ったり
昼間に侵入してきたウイルスなども夜寝ている間に、白血球などの免疫力が高まり、退治してくれます。
このように、内臓機能が強調して働くことで、総合的に回復することができるのですが、もし、仮に、例えば、循環系の臓器や、排泄系の臓器など弱い臓器があると、全体の回復力に影響が出て、体力も低下してしまいます。
従って、弱い臓器を治療することで、全体の回復力を上げることができます。

 

そして、現代社会に生きる我々の生活環境はといえば、決して内臓に優しいとはいえません。
例えば、100年前や200年前の社会と比べて、水や空気はきれいでしょうか?食べ物には食品添加物はじめ、有害な化学物質や有害な重金属の摂取量も増えてきているのではないでしょうか。
また、夜型の生活などで睡眠不足になることも、内臓への負担になります。
こういった理由で、内臓も疲労し、十分な働きができずに、回復力を低下させ体の体力や免疫力を落とし、様々な病気の原因にもなります。
以前と比べて、骨格系の調整だけでは、結果が出づらくなってきたのには
こういった背景があります。
このような生活環境の変化により、内臓への施術は、時代的に必須とも言えるのでないでしょうか?
また、内臓の位置のズレは、横隔膜や大腰筋をはじめとしたインナーマッスルへも影響を与えるため、呼吸や骨格系の問題も引き起こす可能性があります。

では具体的には、どうやって内臓を施術するのですか?

内臓も背骨と同じで、正しい位置にある方が、働きやすくなります。
なので、ずれた内臓の位置を戻して、その働きを上げていくのが内臓テクニックになります。
内臓には、平衡感覚と言って、ずれても元に戻ろうとする力がありますので
体表からでも、手で触れて内臓に刺激を与えることで、内臓の持つ固有受容器が反応して、もとに戻すことができます。